1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 有力な手掛かりなく 湯河原女性殺害1週間

有力な手掛かりなく 湯河原女性殺害1週間

社会 | 神奈川新聞 | 2015年4月29日(水) 03:00

女性宅の火災現場で放水する消防隊員。焼け跡から刃物が刺さった女性の遺体が見つかった=21日午前、神奈川県湯河原町(近隣住民提供)
女性宅の火災現場で放水する消防隊員。焼け跡から刃物が刺さった女性の遺体が見つかった=21日午前、神奈川県湯河原町(近隣住民提供)

 湯河原町宮下の女性(66)方から出火し、焼け跡から額に包丁が刺さった女性の遺体が見つかった殺人・放火事件の発生から28日で1週間が経過した。頭や顔に傷が集中し、殺害後に放火したとみられる手口からは犯人の凶暴性が浮かぶ。小田原署捜査本部は捜査に全力を挙げるが、犯人像を絞り込む有力な手掛かりは得られていない。

 捜査本部によると、火災は21日午前6時ごろに発生。女性の遺体は額に柄の部分まで包丁が深く刺さり、顔や頭に十数カ所の切り傷や刺し傷があった。遺体に煙を吸い込んだ形跡がないことから、死亡後に放火されたとみている。物色されたような形跡はないという。寝室隣のリビングから石油ストーブと液体入りのポリタンクが見つかり、捜査本部は何者かが灯油をまき放火した可能性があるとみて詳しく調べている。

 出火当時、人の出入りが可能な玄関や窓は全て施錠されていたが、玄関の鍵はまだ見つかっていない。火災発生の約1時間前、近くの防犯カメラに玄関を出てJR湯河原駅方向に向かう不審な人物が写っており、この人物が鍵を掛けてそのまま持ち去ったとみて映像の解析を進めている。

 捜査本部はこれまでに現場周辺の住民や通行人ら延べ約1500人に聞き込み、町内に設置されている66カ所の防犯カメラを確認したが、犯人に結び付く情報は得られていない。トラブルも確認されていないという。

 火災発生の約6時間前の21日午前0時ごろには、現場から南東に約350メートル離れたマンションの一室に若い男が押し入り、住人の60代の男性が鉄パイプのようなもので殴られる傷害事件も起きており、捜査本部が関連を調べている。

◆ 緊張漂う町内  「早く解決を」
 穏やかな町を震撼(しんかん)させた事件の発生から1週間。赤色灯をつけたパトカーが頻繁に行き交い、小学生は保護者に付き添われて登校するなど、町民は緊張を強いられ続けている。

 旅館業の女性(41)は「『あの人はあやしい』という疑心暗鬼が町内で渦になっている感じがする」と嘆息する。日中の公園に子どもの姿はほとんどなく、夜は町全体が静まり返る。飲食店経営の70代の女性は「(夜間は)ひとっこ一人いなくなった。早く事件を解決してほしい」と切望していた。

遺体に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング