1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 民事再生法適用申請を取り下げ 美濃屋吉兵衛商店

民事再生法適用申請を取り下げ 美濃屋吉兵衛商店

社会 | 神奈川新聞 | 2015年3月13日(金) 17:18

帝国データバンク横浜支店によると、1月28日に横浜地裁小田原支部に民事再生法の適用を申請していた老舗練り物製品製造販売の美濃屋吉兵衛商店(小田原市)が今月12日までに、申し立てを取り下げた。

 同支店によると、負債総額約37億円のうち、9割程度の債権者が金融機関であるため、銀行や信用金庫との話し合いで方針を変更。裁判外紛争解決手続き(ADR)の制度を使った私的整理などを検討しているといい、今後も金融機関と話し合いを続けるという。

 同社は、かまぼこなどを製造販売する創業450年の老舗として知られるが、赤字が続いて資金繰りに窮していたという。今後も事業は継続する方針という。

【神奈川新聞】

横浜地裁に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング