1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 週刊誌が少年の実名報道 横浜弁護士会が抗議

川崎・多摩川中1殺害
週刊誌が少年の実名報道 横浜弁護士会が抗議

社会 | 神奈川新聞 | 2015年3月5日(木) 15:52

 川崎市立中学1年の男子生徒が刺殺された事件で、横浜弁護士会は5日、同日発売の「週刊新潮」が殺人容疑で逮捕された少年の実名と顔写真を掲載したことに抗議する小野毅会長の談話を発表した。同誌編集部にも談話を郵送した。

 談話では、同誌の報道が、罪を犯したとされる少年と推測できるような記事や写真の掲載を禁じた少年法61条に反すると指摘。実名や顔写真の報道は、少年に一方的に社会的責任を負わせることになりかねないほか、社会復帰と更生の可能性を決定的に阻害すると述べた。

 その上で、同誌の報道を「極めて遺憾で、犯罪報道として公正さを欠く」と批判。厳重な抗議と、同様の報道が今後ないよう強く要請するとした。

 また日弁連も同日、同誌の報道に対し、「少年法に反する事態で、誠に遺憾」とする村越進会長の声明を発表した。

 同誌は、逮捕された少年3人のうち、リーダー格の少年(18)の実名と顔写真を掲載した。

【神奈川新聞】

川崎・多摩川中1殺害に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング