1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 平塚の土手で火災 東海道新幹線が一時運転見合わせ

平塚の土手で火災 東海道新幹線が一時運転見合わせ

社会 | 神奈川新聞 | 2015年2月16日(月) 03:00

15日午後4時10分ごろ、平塚市下島の東海道新幹線線路脇の土手で火災が発生、雑草など約750平方メートルを焼いた。火は約1時間後に消し止められたが、東海道新幹線は新横浜-小田原間で上下線とも一時運転を見合わせるなど影響が出た。

平塚署によると、近くに住む男性(90)が焼き畑のため火を放ったところ、強風にあおられて燃え広がった。火は一時、新幹線の防音壁(高さ約2メートル)を越えるほど燃え上がったという。同じく農作業をしていた別の男性(63)が119番通報した。火災によるけが人はなかったという。

JR東海東京広報室によると、東海道新幹線は上下線併せて計110本で最大64分遅れ、約12万人に影響が出た。

【神奈川新聞】

火事に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング