1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. サバンナもお祝い 横浜市内の新小学1年生をズーラシアに招待

サバンナもお祝い 横浜市内の新小学1年生をズーラシアに招待

社会 | 神奈川新聞 | 2015年2月9日(月) 03:00

よこはま動物園ズーラシア(横浜市旭区)は新エリア「アフリカのサバンナ」が4月22日に全面開園するのに先駆けて、市内の小学校に入学する新1年生(約3万人)とその家族(同伴者2人まで)を無料で招待する。先行見学会は3月21日~4月12日(4月7日の休園日を除く)。

新エリア「アフリカのサバンナ」は、国内で初めて肉食動物と草食動物の計4種(チーター4頭、キリン4頭、シマウマ6頭、エランド4頭)が、草原を模した展示場で一緒に見られるのが目玉となっている。

また、クロサイ、ライオン、リカオン、ミーアキャット、ケープハイラックスの飼育展示も行う。

先行見学会の参加方法は、市立小学校を通じ新入学児童に配布しているチラシを持参して、入園口総合案内で「新入学児童とその家族」であることを申し出れば入園できる。他のエリアも見て回れる。

「アフリカのサバンナ」オープンで、当初計画していたズーラシアの全エリア(約45ヘクタール)が開園することになる。

【神奈川新聞】

よこはま動物園ズーラシアに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング