1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 日本海側は大雪の恐れ続く

日本海側は大雪の恐れ続く

社会 | 神奈川新聞 | 2015年1月8日(木) 11:00

日本付近は8日、発達した低気圧の影響により、北日本の沿岸部を中心に雪を伴った非常に強い風が吹いた。冬型の気圧配置は次第に緩むが、北日本の日本海側では9日にかけても大雪になる恐れがあり、気象庁は注意を呼び掛けた。

気象庁によると、9日午前6時までの24時間に予想される降雪量は、北海道の多いところで50センチ。既に積雪の多い地域では、雪崩や屋根からの落雪、路面の凍結にも注意が必要としている。強風や高波も北日本を中心に続くとみられる。

【共同通信】

強風に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング