1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 戦争への道阻止訴える 相模原でデモ行進

戦争への道阻止訴える 相模原でデモ行進

社会 | 神奈川新聞 | 2014年12月22日(月) 03:00

「戦争への道」止めようと訴えてデモ行進する参加者ら=相模原市中央区
「戦争への道」止めようと訴えてデモ行進する参加者ら=相模原市中央区

「STOP!! 戦争への道」を訴えるピース・デモが21日、相模原市中央区のJR相模原駅南口周辺で行われた。市民団体「デモをするさがみはら女たちの会」が市民に呼び掛けたもので、女性を中心に約40人が参加。駅前から市役所前、西門ゲート前などを、約1時間かけデモ行進した。

同会は昨年12月、与党の強行採決による特定秘密保護法成立に抗議してデモを実施。今年7月には、集団的自衛権の行使容認を閣議決定した際にデモで反対の声を上げた。

第3弾となった今回も、拡声器を使って「集団的自衛権行使、反対!」「戦争する国にさせるな!」などと訴え続けた。同会の篠田房江代表(79)は、衆院選の自民圧勝に対し「何をやってもいいわけではない。平和憲法を守り、戦争への道を止めさせるためにも、安倍政権に声を出してきちんと反対していく」と、怒りをあらわにしていた。

【神奈川新聞】

集団的自衛権に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング