1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 海水浴場マナーの市民意見を募集 条例改正で鎌倉市

海水浴場マナーの市民意見を募集 条例改正で鎌倉市

社会 | 神奈川新聞 | 2014年12月14日(日) 03:00

海水浴場の治安悪化や風紀の乱れの改善をさらに進めようと、鎌倉市は、海水浴場のマナー向上条例の改正に関するパブリックコメント(市民意見)を募集している。

今年6月に施行された同条例は、「音響機器を使って80デシベル超の音楽を流すこと」「酒に酔って他人に迷惑を掛けること」など9項目を「迷惑行為」に位置付けた一方、来場者には順守を求める努力義務にとどめていた。

市が11月に提示した改正方針では、9項目について努力義務を改め、違反者に対して指導・勧告、さらに中止・退去命令を行うとしている。内容も「音響機器を使うこと」「海の家以外で飲酒すること」そのものを禁止としている。

意見は来年1月5日まで郵送やファクスで募集している。市は条例改正案を来年2月の市議会定例会に提出する方針。意見募集の問い合わせは、市観光商工課電話0467(61)3884。

【神奈川新聞】

海水浴に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング