1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 公共施設内でハチに刺され負傷 横須賀市が25万円賠償

公共施設内でハチに刺され負傷 横須賀市が25万円賠償

社会 | 神奈川新聞 | 2014年11月26日(水) 03:00

横須賀市の施設敷地内に営巣していたアシナガバチが来所者の男性を刺して負傷させたとして、同市が男性に損害賠償で約25万円を支払っていたことが25日、分かった。

市によると、ハチが男性を刺したのは8月13日午後2時半ごろで、場所は同市浦郷町の動物愛護センター駐車場。母親が譲り受けた犬を車に乗せる際、植え込みに営巣していたアシナガバチが男性の頭など5カ所を刺した。

男性の顔は印象が変わるぐらい腫れたといい、1カ月にわたって通院。市は治療費、休業補償、慰謝料として25万4640円を支払った。

【神奈川新聞】

動物愛護センターに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング