1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 認知症リスク増にも…“神経老化”のサインを見逃さないで

女性自身
認知症リスク増にも…“神経老化”のサインを見逃さないで

社会 | 神奈川新聞 | 2016年12月7日(水) 12:00

認知症リスク増にも…“神経老化”のサインを見逃さないで(写真:女性自身)
認知症リスク増にも…“神経老化”のサインを見逃さないで(写真:女性自身)

 「40~50代の女性は、高齢の親の介護や、自身の更年期障害の症状など、疲れやすい。生活に疲弊して、何にも感動しない……そういった無感動な毎日が続くと、神経は老化していくいっぽう。認知症になってしまう可能性が上がります」

 そう話すのは、脳神経外科医の工藤千秋先生。工藤先生は、都内にある「くどうちあき脳神経外科クリニック」院長で、これまで39万人を診てきた名医として知られている。

 「これまで認知症の原因は、脳に『アミロイドΒ』といわれるタンパク質のゴミがたまることだといわれてきました。しかし、最近の研究では、神経をカバーしているミエリンがボロボロに損傷することが原因で、指令と情報の通り道である神経がつまり、認知機能が低下するという説が有力になってきています」(工藤先生・以下同)

 認知症になると、「耳が遠くなった」「目が見づらい」、そして「味や匂いが分からなくなった」などの周辺症状が表れる。工藤先生は、神経につまりがうまれ、知覚した情報が脳へ届けられないことが原因だと語る。認知症患者にある「徘徊」などの行動も、神経の老化が原因だという。

 「足の筋肉の痛みや疲れなどの情報が脳に伝わらず、疲れを認識できないことから、いつまでも歩き回ってしまったりするんです」

 工藤先生は、日常生活のなかで表れる“神経老化のサイン”があると語る。

 「暗い色の服を着続けている、音のない暮らしをしている、おいしい食事への食欲を失っている……これらが当てはまる人は、神経が老化してしまっている可能性があります。色や音などを感じる“五感”を使わないことは、神経に刺激を与えていないということ。老化はどんどん進行します」

 たまには派手な色の服を着たり、おいしいものを食べたりするだけでも、神経の刺激になるそうだ。【女性自身】

「カナロコ」は、読者に幅広いコンテンツを提供するため女性週刊誌「女性自身」との提携を開始しました。女性誌の視点からみた政治や経済。関心が高い教育、そしてグルメ、芸能まで多岐にわたり情報を配信していきます。
【関連記事】
カギは「自分の脳を使う」…認知症にならないための生活習慣6
11個以上該当なら危険度90%「認知症」予備軍チェックリスト
タンパク質を中心にバランスを…「認知症にならないための食生活8」
心配性、パン好き…認知症リスクに関係する「ボケやすい性格」
40歳なら介護保険!抑えるべき「若年性認知症」経済的支援

女性自身に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング