1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 海老名・大谷小で給食に異物混入

海老名・大谷小で給食に異物混入

社会 | 神奈川新聞 | 2014年10月31日(金) 03:00

海老名市教育委員会は30日、市立大谷小学校(同市国分寺台)で給食に出された鶏の空揚げに棒状のプラスチック片(長さ約2センチ、直径約0・5ミリ)が混入していたと発表した。

市教委によると、この日、6年の女子児童が食べた際に異物に気が付いて発見した。鶏肉の納入業者が使用している機械洗浄用ブラシの毛と酷似しており、抜けて混入した可能性が高いという。

今回の給食は、学校給食などを調理する市の施設「食の創造館」で調理され、同校を含めて7校に配送されたが、他に混入や健康被害の報告はない。

【神奈川新聞】

異物混入に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング