1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 横須賀署員が飲酒運転で物損事故

横須賀署員が飲酒運転で物損事故

社会 | 神奈川新聞 | 2014年10月25日(土) 03:00

横須賀署の20代の男性巡査長が11日、飲酒して乗用車を運転し物損事故を起こしていたことが24日、県警への取材で分かった。県警は道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで捜査しており、書類送検や懲戒処分を検討する。

県警によると、巡査長は10日の勤務後に横須賀市内で飲酒。翌11日早朝、帰宅しようと乗用車を運転した。

同市内を走行中、道路脇の電柱に衝突し、目撃者が通報。駆け付けた警察官が検査したところ、基準値(呼気1リットル当たり0・15ミリグラム)以上のアルコールが検出された。けが人はいなかった。県警が同乗者の有無や詳しい経緯などを調べている。

【神奈川新聞】

懲戒処分に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング