1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. ASKA被告起訴内容認める 初公判の傍聴席は倍率126倍

ASKA被告起訴内容認める 初公判の傍聴席は倍率126倍

社会 | 神奈川新聞 | 2014年8月28日(木) 13:31

覚せい剤取締法違反などの罪に問われた歌手ASKA(本名宮崎重明)被告(56)の初公判が28日、東京地裁で開かれ、ASKA被告は起訴内容を認めた。

初公判には、わずか21席の一般傍聴席を求めるファンらが朝から東京地裁近くの日比谷公園に集まり、抽選整理券を配布するテント前に長い列をつくった。地裁は混乱がないよう職員を大量動員し、異例の対応を取った。午前11時の締め切りまでに並んだ人は2646人、倍率は126倍だった。

午前9時半、リストバンド式整理券の配布が始まった際には、小雨の中、既に数百人が100メートル以上並んで待機。先頭の人は午前5時ごろ到着したという。

東京地裁の傍聴抽選で、倍率が最も高かったのは覚せい剤取締法違反罪に問われた人気女優の初公判(2009年10月)で約330倍、オウム真理教教祖の松本智津夫死刑囚の初公判(1996年4月)は約256倍だった。

【共同通信】

オウム真理教(アレフ、アーレフ、Aleph)に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング