1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. Amazonが市に430冊寄贈 貸し出し始まる

Amazonが市に430冊寄贈 貸し出し始まる

社会 | 神奈川新聞 | 2014年8月3日(日) 03:00

1日から貸し出しが始まったアマゾンからの寄贈書籍=小田原市立かもめ図書館
1日から貸し出しが始まったアマゾンからの寄贈書籍=小田原市立かもめ図書館

インターネット通販大手「アマゾン ジャパン」が小田原市に寄贈した児童書100タイトル計約430冊の貸し出しサービスが1日、同市南鴨宮の市立かもめ図書館で始まった。

貸し出されるのは、同社が売り上げやユーザー評価などを基に選んだ「オールタイムベスト児童文学100」の書籍やシリーズ本。昨年、市内に物流拠点を開設した同社が地域貢献の一環として、今年7月に市に寄贈した。

この日に開館20周年を迎えた同館では、児童書コーナーに寄贈された「モモ」「宮沢賢治童話集」「ライ麦畑でつかまえて」など、小中学生向けの書籍が並んだ。子どもたちは夏休みの読書を楽しもうと、本を手に取って品定めしていた。

古矢智子館長は「図書館の予算が限られている中で、これだけの本を寄贈いただけるのは大変ありがたい。親御さんの世代にも懐かしい本が多いので親子で読んでほしい」と話していた。

館内では20周年記念イベントとして、開館当時の写真や新聞記事などを紹介する展示(31日まで)や、市民グループが製作した布の絵本の展示(3日まで)が行われている。問い合わせは、同館電話0465(49)7800。

【神奈川新聞】

絵本に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング