1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 営利目的で大麻草栽培 2容疑者を逮捕

営利目的で大麻草栽培 2容疑者を逮捕

社会 | 神奈川新聞 | 2014年7月31日(木) 03:00

押収された大麻草=横須賀署
押収された大麻草=横須賀署

県警薬物銃器対策課と横須賀署は30日、大麻取締法違反(営利目的栽培・所持)の疑いで、ともに無職の横須賀市長井1丁目の男(62)と同市野比5丁目の男(31)の両容疑者を現行犯逮捕した。

県警は同市内の小屋(約137平方メートル)から、4メートル以上の26本を含む大麻草計41本と相当量の乾燥大麻、吸引に使用していたとみられる水パイプなどを押収。県警は量が多いことから営利目的と判断、少なくとも今年初めから栽培していたとみており、今後入手ルートなどを調べる。

逮捕容疑は、共謀して30日、同市長井3丁目の小屋で、営利目的で相当量の大麻草を栽培し、乾燥大麻を所持した、としている。同課によると、2人は営利目的を否認している。

同課によると、2人はサーファー仲間で、ほぼ毎日、朝から夕方まで小屋を訪問。水や肥料を施し、刈り取った大麻草を乾燥させていたとみられる。小屋は無施錠で、大型犬4頭を含む6頭がつながれていた。今年6月に情報提供があり、県警が捜査していた。

【神奈川新聞】

大麻に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング