1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. JR北鎌倉駅の 臨時改札延長へ

JR北鎌倉駅の 臨時改札延長へ

社会 | 神奈川新聞 | 2016年11月29日(火) 09:56

 JR北鎌倉駅脇の素掘りトンネル(鎌倉市山ノ内)の通行再開がずれ込むのを受け、平日の朝のみ開いている大船側の臨時改札口の開設時間が延長される。来春ごろを見込んでおり、土日や乗車時も利用できるようになる見通し。市がJR側に要請し、費用も負担する。

 崩落の恐れが指摘され、トンネルが昨年4月に通行止めとなって以降、JRは下りホームの大船側に臨時改札口を設置。平日午前7時半~8時半に降車のみ利用可能となっている。

 市は開設時間延長などの関連経費7100万円を債務負担行為として、市一般会計補正予算案に計上。トンネルのすべての工事が完了後、臨時改札口は閉鎖されるという。

 市は、まず歩行者の通行再開を目指しているが、ことし8月にトンネル付近で斜面が崩落し、地権者との調整も整っていないため仮設工事実施の見通しがたたないことから、JRに申し入れた。

北鎌倉に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング