1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 横須賀女性刺殺事件:鍵穴いたずら届け出 県警に容疑者名伝える

横須賀女性刺殺事件:鍵穴いたずら届け出 県警に容疑者名伝える

社会 | 神奈川新聞 | 2014年6月30日(月) 03:00

 横須賀市のホテルで飲食店従業員の女性(22)=同市公郷町5丁目=が刺殺された事件で今年3月、女性の自宅の鍵穴がいたずらをされていたことが29日、横須賀署への取材で分かった。女性は同署に被害届を出す際、元交際相手の塗装工の男(43)=殺人未遂容疑で逮捕=の名前を伝え、同署はその後、自宅の見回りをするなどしていた。

 同署によると、自宅マンションの鍵穴に接着剤が塗られていた。被害届の際、女性は「(元交際相手の男が)やったのかもしれない」と説明したという。同署は今回の事件との関連性も含め、経緯などを調べる。

 同容疑者は昨年6月、女性の首を絞めたとして傷害容疑で同署に逮捕され、同8月に執行猶予付きの有罪判決を受け、釈放されていた。

 被害届を受け、同署は女性宅の見回りをするようになった。その後、同署員が女性に複数回面会したが、「おびえている様子は見られなかった」としている。

 また、女性は昨年11月、同容疑者に自宅が特定されないよう、住民票の閲覧制限を横須賀市に申請し、受理されていた。市は女性をDV・ストーカー等支援対象者としていた。

 同容疑者は6月28日、女性の自宅に押し掛けて口論となり、ホテルに逃げ込んだ女性を刺したとして逮捕された。同署は自宅をどのように特定したのかについても調べている。

 同署は29日、容疑を殺人に切り替え、同容疑者を送検。女性の死因は首を刺されたことによる失血死だったと発表した。

【神奈川新聞】

宿泊施設(ホテル、旅館、民宿)に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング