1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 対立のまま逗子海水浴場が海開き 式典、音響機器はなし

対立のまま逗子海水浴場が海開き 式典、音響機器はなし

社会 | 神奈川新聞 | 2014年6月28日(土) 03:00

ウクレレの生伴奏で、「うみ」を歌う子どもたち =逗子海水浴場
ウクレレの生伴奏で、「うみ」を歌う子どもたち =逗子海水浴場

関東一早い逗子海水浴場の海開きが27日、行われた。音響機器を使った音楽禁止などを盛り込んだ逗子市の改正条例・規則にのっとって、あいさつはマイクなし。恒例だったフラダンスも取りやめ、代わりに児童ら約480人が童謡「うみ」を合唱した。一方、海の家経営者らでつくる逗子海岸営業協同組合は規制をめぐる市との対立から式典に参加せず、個別に神事を行った。

海開き式の冒頭、あいさつに立った平井竜一市長は、集まった関係者約70人に向け声を張り上げた。「今年は逗子にとって新たなスタート。条例が厳し過ぎるという意見もあるが、市民の安心安全を何としても取り戻したい」

市条例にのっとり、続く来賓あいさつもすべて音響機器を使わず行われた。その声が聞こえるようにと、参加者たちは円陣を組むように小さく集った。

続いて幼稚園児や小学生らが、ウクレレの生伴奏に合わせて元気よく「うみ」を合唱。平井市長のカウントダウンで子どもたちは一斉に海へと駆けていった。

一方、条例・規則に反発して市に条例の取り消しなどを求めて提訴した逗子海岸営業協同組合は、市の式典に先立ち、神事をひっそり行った。

7月14日までは市の条例・規則に準拠して海の家での音楽を自粛し、営業時間も午後6時半までとする自主ルールを発表している原敦代表理事は、同15日以降についても「できる限り市と協議していきたい」と話した。

【神奈川新聞】


海開きに合わせ、逗子海岸営業協同組合が単独で行った神事 =逗子海水浴場
海開きに合わせ、逗子海岸営業協同組合が単独で行った神事 =逗子海水浴場

海水浴に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング