1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 小田急電車、相模大野駅構内で脱線、けが人なし

小田急電車、相模大野駅構内で脱線、けが人なし

社会 | 神奈川新聞 | 2014年6月20日(金) 03:00

小田急小田原線の相模大野駅(上)付近で脱線した車両=19日午後7時7分、相模原市で共同通信社ヘリから
小田急小田原線の相模大野駅(上)付近で脱線した車両=19日午後7時7分、相模原市で共同通信社ヘリから

19日午後6時10分ごろ、相模原市南区相模大野の小田急線相模大野駅構内で、同駅始発のため車庫からホームに向かっていた車両(6両編成)が脱線した。小田急電鉄によると、乗客はおらず、運転士にもけがはないという。

相模原南署によると、運転士は「25キロほどの速度で徐行していたところ、大きな衝撃を感じた」と話しているという。

影響で新百合ケ丘-相武台前間と相模大野-大和間で運転を見合わせ、深夜までダイヤが大幅に乱れた。

同社によると、脱線した電車は相模大野始発の片瀬江ノ島行き下り普通電車として運転予定だった。ポイント付近で先頭から3、4、6両目の計3両が脱線したという。

影響で停電が発生し、付近の駅間に6本の電車が立ち往生した。乗客はその場で下車し徒歩で移動するよう係員が誘導した。

小田急電鉄の五十嵐秀運転車両部長は19日夜、国土交通省で記者会見し「ラッシュ時に脱線事故を発生させてご迷惑をお掛けし、心よりおわびします」と陳謝した。

◆窓から降車図る人も 帰宅ラッシュ重なり混乱

帰宅ラッシュに重なり、影響が広がった小田急線の脱線事故。駅間に立ち往生した列車では窓から降りようとする人が出るなど混乱も起き、帰りの足を失った人が駅にあふれた。

現場の相模大野駅付近を走っていた複数の電車は、脱線に伴う停電で車内の照明が消えた後、駅間で停止。乗客は車内で1時間以上待たされた。

帰宅途中だった高校2年の男子生徒(17)は「若い男性が『用事がある』と言って窓から降りようとしたが、自分や周囲にいた人が『車掌の了解を得るべきだ』と説得した。どのくらいで降りられるのかアナウンスをしてほしかった」と不満を口にする。

立っていた乗客も多く、秦野市の女性会社員(58)は「腰やひざが悪く、つらかった。見かねた学生が席を譲ってくれたのでよかったけれど…」と疲れ切った様子で家路を急いだ。

新宿方面からの下り電車の折り返し駅となった新百合ケ丘駅や南武線に乗り換えが可能な登戸駅には、乗客があふれた。鶴川駅まで利用するつもりだった女性会社員(34)は「バスがないので帰れない」と困惑。

相鉄線との乗り換え駅で、バスやタクシー乗り場に長い行列ができた大和駅には、大和署員が混乱回避のために駆け付けた。藤沢市の職場から相模原市南区の自宅に帰る途中のパート従業員の女性(73)は「40分もタクシーを待っている。本当に迷惑」と憤っていた。

【神奈川新聞】

南武線に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング