1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. バームクーヘン作りに炊飯 鎌倉で竹使い親子体験

バームクーヘン作りに炊飯 鎌倉で竹使い親子体験

社会 | 神奈川新聞 | 2014年5月25日(日) 03:00

竹で組まれた「秘密基地」に上って遊ぶ子どもたち=鎌倉市梶原
竹で組まれた「秘密基地」に上って遊ぶ子どもたち=鎌倉市梶原

自然に親しみながら遊び学ぶ、子どものための「一日冒険遊び場」が24日、鎌倉市梶原の野村総合研究所跡地で開かれた。初夏の晴天に親子連れ約250人が参加。のこぎりで竹を切り出したり工具で木材を組み立てたりと、日常にはない遊びを思いきり体験した。保育者や保護者らでつくるかまくら子育て支援グループ懇談会と、市の主催。

市が保有する野村総研跡地は建物裏手に高大な竹林が広がり、子どもの遊び場には絶好のロケーション。

未就学児から小学6年の子どもたちは、自分たちで切り出した竹筒を使いかまどで米を炊いたり、竹にケーキのタネを塗り重ね、かまどで焼いてバームクーヘンを作ったり、木と木にロープを張ってターザンのように渡ったりと、大人と一緒にさまざまな遊びに挑戦。竹林のあちこちで歓声が上がっていた。

市立山崎小学校6年の男子児童(11)は「バームクーヘンが焦げないよう竹をくるくる回すのが面白かった」と満面の笑みを見せた。

【神奈川新聞】

木材に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング