1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 爆音の行方(下)司法の限界に再挑戦 “二重基準”ただす

厚木・飛行差し止め判決
爆音の行方(下)司法の限界に再挑戦 “二重基準”ただす

社会 | 神奈川新聞 | 2014年5月24日(土) 15:58

大和市、綾瀬市の住宅地にある厚木基地=2013年12月
大和市、綾瀬市の住宅地にある厚木基地=2013年12月

 午後8時。厚木基地(大和、綾瀬市)の近くに住む女性(66)=綾瀬市=が毎日、睡眠導入剤を飲む時間だ。まず1錠を水で飲み込み、寝付けなければ、さらにもう1錠。「若いころは耐えられた騒音も、年とともにきつくなってきて」

 導入剤に副作用があることは分かっているが、眠ろうとしても騒音でいら立ち眠気が飛んでしまう。一睡もできないよりはまし、と自分に言い聞かせる。高血圧に悩まされているのも、女性は睡眠不足やいら立ちが原因だと思っている。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

爆音訴訟に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング