1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 犬の殺処分ゼロ、神奈川県・川崎の保護施設で初の達成

命の鳴き声
犬の殺処分ゼロ、神奈川県・川崎の保護施設で初の達成

社会 | 神奈川新聞 | 2014年5月17日(土) 12:03

県動物保護センターで収容されている犬たち=平塚市土屋
県動物保護センターで収容されている犬たち=平塚市土屋

 神奈川県動物保護センター(平塚市)と川崎市動物愛護センター(川崎市高津区)で、2013年度に迷い犬や飼い主が飼えなくなって収容された犬の殺処分数が初めてゼロになった。両センターは「新たな飼い主を探すボランティアの努力に支えられて実現した」と分析。その一方で「殺処分ゼロだからと、安易に放棄する人が増えるのは心配。飼う人が最期まで面倒を見ることがこれからも大事」と強調している。

ボランティア譲渡進む

 県内には県と川崎に加え、横浜、横須賀の計4カ所のセンターがある。このうち県センターは横浜、川崎、横須賀3市以外から持ち込まれた犬・猫を収容している。

 県センターの2013年度(速報値)の犬収容数は612匹。このうち…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

動物保護に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング