1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. シッターの男を再逮捕 食事与えず裸で放置 神奈川県警

シッターの男を再逮捕 食事与えず裸で放置 神奈川県警

社会 | 神奈川新聞 | 2014年4月8日(火) 03:00

埼玉県富士見市のマンションの一室で3月、横浜市磯子区の男児(2)の遺体が見つかった事件で、神奈川県警捜査1課と磯子署は7日、この部屋に9カ月の弟を放置したとして、保護責任者遺棄致傷の疑いで、ベビーシッター物袋(もって)勇治容疑者(26)=富士見市、死体遺棄容疑で逮捕=を再逮捕した。横浜地検は同日、死体遺棄容疑について処分保留とした。

再逮捕容疑は、弟にミルクを与えず、室内に裸のまま放置し、3月16日ごろ、低体温症などにさせた、としている。同課によると、同容疑者は「16日昼にミルクをあげたが、翌朝まであげなかった。(弟が)寝ていたから起こさなかっただけ」と供述、容疑を否認している。

同課によると、弟は17日朝、死亡した男児と同じ室内で保護された際、裸の状態だった。搬送先の病院で、低体温症や低血糖症、脱水症と診断された。県警の調べに対し、同容疑者は「(弟が)具合が悪くなった責任は感じている」と供述している。

同容疑者はシッター仲介サイトを介し、14日から16日まで男児と弟を預かる契約を母親(22)と結んだ。17日朝、自宅マンション近くで任意同行され、翌18日に男児の遺体を放置したとして死体遺棄容疑で県警に逮捕された。

【神奈川新聞】

神奈川県警に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング