1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 過去最大のコンテナ船、川崎港入港で歓迎式典

過去最大のコンテナ船、川崎港入港で歓迎式典

社会 | 神奈川新聞 | 2014年4月3日(木) 12:07

川崎港に入港した「NORTHERN GENIUS」
川崎港に入港した「NORTHERN GENIUS」

川崎港コンテナターミナル(川崎市川崎区東扇島)に1日、同ターミナルで過去最大となるコンテナ船が入港し、同日夜、歓迎式典が行われた。

入港したのは「NORTHERN GENIUS」(ノーザンジーニアス、リベリア船籍)で、総トン数は4万1835トン。「NYK Container Line」(東京都港区)が運航し、同日午後3時半ごろ東京港から入港した。

管理棟で行われた式典で、川崎港戦略港湾推進協議会の斎藤文夫会長は「これを契機に川崎港がさらに発展するよう、整備に全力を尽くし、ユーザーの期待に応えたい」とあいさつ。歓迎の意向を示し、ストイチェフ・ダイマン・ディミィトロフ船長に、羽子板などの記念品を手渡した。

川崎港は新規航路の開設などに伴い、コンテナ貨物の取扱量が順調に増加。市は定時性の確保や集荷力を強化しようと3月、コンテナなど貨物の積み降ろしを行う3基目のガントリークレーンを設置するなどコンテナ船誘致に向けた環境整備を進めている。

【神奈川新聞】

川崎港に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング