1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 弓道場外に矢飛び出す、厚木のスポーツセンター

弓道場外に矢飛び出す、厚木のスポーツセンター

社会 | 神奈川新聞 | 2014年4月3日(木) 03:00

厚木市教育委員会は2日、東町スポーツセンター弓道場(同市東町)で市弓道協会員の男性(69)が放った矢1本(金属製・長さ90センチ)が施設外に飛び出す事故が起きたと発表した。矢は県道を挟んだ郵便局の屋上に落下したが、けが人はいなかった。

市教委によると、3月31日午前11時20分ごろ、男性が同センター5階にある弓道場で約28メートル先の的を狙ったが、矢は約11メートル先に張られた防矢ネット(縦約1・7メートル、横約11・6メートル)の下部に接触。はじかれるように上方に方向を変え、高さ約4・2メートルの周囲の壁を飛び越えた。

男性は同センター周囲を捜したが見つからず、3時間後に約50メートル離れた厚木東町郵便局の屋上で管理人が矢を発見して同センターに届けた。ネットの緩みが原因の可能性があり、市は4月2日に応急工事を実施した。同センターでは以前にも同様の飛び出し事故があり、市は2カ所にネットを増設する再発防止策を講じていた。

市教委は「上方にはねるのは想定外。利用者に注意喚起するとともに、防矢ネットを全体的に設置するなど安全対策を今後強化したい」と陳謝した。

【神奈川新聞】

落下に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング