1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. かわさき基準の福祉22製品、新たに認証

かわさき基準の福祉22製品、新たに認証

社会 | 神奈川新聞 | 2014年3月29日(土) 04:00

今回新たに認証された曲線階段用の昇降機=幸区
今回新たに認証された曲線階段用の昇降機=幸区

利用しやすさや安全性など、川崎市独自の福祉製品の基準「かわさき基準」(KIS)を満たした製品の発表式が28日、同市幸区の市産業振興会館で開かれた。2013年度は33製品の応募があり、階段の昇降機や車いす用のコートなど、新たに22製品が認証された。

市や福祉団体などで構成する「かわさき基準推進協議会」の主催。

KISは利用者の人格や尊厳が尊重されていることなど、八つの理念に基づき、同協議会が独自に認証する国内初の取り組みで、これまでに84製品を認証している。

認証された製品のうち、東京都港区の「ティッセンクルップ・アクセス・ジャパン」の「フロー2」は、曲線階段用の昇降機。階段の形状に合わせて座面の向きを旋回させることができ、急な階段でも上り下りできる。

発表式に先立ち、福祉関連の新製品開発やサービス創出に向けたネットワーク組織「川崎市ウェルフェアイノベーションフォーラム」の2回目の会合も開かれ、福祉事業者など約200社・団体が参加。成長が期待される産業分野の一つ「ウェルフェアイノベーション」の推進に向けた川崎市や企業などの取り組みが発表された。

【神奈川新聞】

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング