1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 歴史と公民、教育出版に 川崎市教科書採択

歴史と公民、教育出版に 川崎市教科書採択

社会 | 神奈川新聞 | 2020年8月24日(月) 05:00

 川崎市教育委員会は23日、臨時会を開き、市立中学校で2021年度から4年間使用する歴史と公民の教科書について、いずれも教育出版を採択した。

 小田嶋満教育長と5人の教育委員は全員、教科書名を挙げて審議。歴史ではほかに帝国書院、東京書籍、山川出版社、公民では東京書籍、帝国書院の名前が挙がっていたが、最終的に一番評価が高く、現在使用している教育出版の教科書が選ばれた。

 市立中学校で他に選ばれたのは以下の通り。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

教科書に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング