1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. メール誤送信発端に「パワハラ」 税理士会副部長が提訴

メール誤送信発端に「パワハラ」 税理士会副部長が提訴

社会 | 神奈川新聞 | 2020年8月20日(木) 10:20

 東京地方税理士会(横浜市)の広報部副部長を務める女性が、職場でパワーハラスメントを受けたとして、広報部長ら3人に220万円の損害賠償を求める訴訟を横浜地裁に起こした。提訴は8月7日付。  訴えによると、女性は1月8日、業務に関するメールを誤送信し、職場でトラブルになった。部長ら3人はそれ以降、女…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

裁判に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング