1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 川崎市、よみうりランド貸し切り 小学校修学旅行の代わり

新型コロナ
川崎市、よみうりランド貸し切り 小学校修学旅行の代わり

社会 | 神奈川新聞 | 2020年8月18日(火) 21:28

よみうりランド大観覧車
よみうりランド大観覧車

 川崎市は18日、修学旅行が中止となった市立小学校114校の6年生約1万2千人のために、市に隣接する東京都稲城市の遊園地「よみうりランド」を貸し切りにすることを決めた。3月をめどに、思い出作りイベントを開く。

 特集・記事とグラフ 新型コロナ、神奈川の感染状況

 同日開かれた新型コロナウイルス感染症対策本部会議で、よみうりランドの貸し切りなどを盛り込んだ緊急経済対策の改定案が承認された。川崎市が遊園地を3日間借り、参加校を分散した上で、園内でイベントを開催する。

 小学校は例年6~12月、栃木県日光市を訪れていた。だが今年は感染症が拡大し、「児童生徒が集団で長時間活動することが避けられず、代替日程の確保も困難なため」、市教育委員会は5月に修学旅行の中止を決めていた。

 市財政課の担当者は「『修学旅行が中止になり、かわいそうだ』との意見があった。日帰りの校外行事で、修学旅行とは趣旨が違うが、思い出づくりになれば」と話している。

こちらもおすすめ

新型肺炎に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

ニュースに関するランキング

    アクセスランキング