1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 横浜57人感染 1日最多更新、日体大でクラスター発生か

新型コロナ
横浜57人感染 1日最多更新、日体大でクラスター発生か

社会 | 神奈川新聞 | 2020年8月15日(土) 19:20

 新型コロナウイルス感染症を巡り、横浜市は15日、10歳未満の未就学児から80代までの男女57人の感染が新たに確認された、と発表した。市の1日当たりの感染者数としては過去最多。中等症は2人で、残る55人は軽症または無症状。23人の感染経路が不明という。

 年代別は、20代が最多の27人。30代が7人、50代が5人、10・70代が各4人、40・60代が各3人、10歳未満と80代が各2人。

 市によると、日本体育大学横浜・健志台キャンパス(同市青葉区)で活動するレスリング部の男子学生15人と、OBで20代の男性会社員3人の計18人が感染。既に10代と20代の男子学生2人が陽性と判明しており、同部関連の感染者は計20人となった。市は、クラスター(感染者集団)が発生したとみている。検査した部員ら62人のうち、残る4人の検査結果が判明後、寮生活や部活動の実態について調査。接触者の有無を確認するとしている。

 クラスターが発生した済生会横浜市南部病院(同市港南区)では、40代の女性看護師と80代の女性患者が新たに感染。同病院の感染者は看護師7人、患者3人の計10人になった。

 経路が判明しているその他の感染者のうち、5人は家族間感染。うち市内在住の30代の男女と10代の女子児童の3人は、近くに住む陽性患者の60代女性と接触があった。

 中等症は、50代と70代の女性。市外在住の50代は陽性と判明後、市内の病院に入院した。70代は、既に感染が確認されている50代男性と接触があったという。

こちらもおすすめ

新型肺炎に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

ニュースに関するランキング

    アクセスランキング