1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. イスラムの共助の心、熊本の被災地へ 軽トラ無償貸与 

イスラムの共助の心、熊本の被災地へ 軽トラ無償貸与 

社会 | 神奈川新聞 | 2020年8月12日(水) 12:30

全日本ムスリム協会が無償で貸し出した軽トラック6台(同協会提供)
全日本ムスリム協会が無償で貸し出した軽トラック6台(同協会提供)

 海老名市にある礼拝施設「海老名モスク」に通うイスラム教徒(ムスリム)らのボランティア団体「全日本ムスリム協会」が、記録的豪雨に見舞われた熊本県の社会福祉協議会に軽トラック6台を無償で貸し出した。9月末まで、がれきの撤去や資機材の運搬に活用される。

外国籍住民、公衆衛生に言葉の壁「日本を信じているが…」

 約800人が所属する協会はこれまでも、全国各地の風水害の被災地に出向き、ボランティア活動に取り組んできた。ただ今回は新型コロナウイルス感染症を考慮し、県外移動を断念。代わりに現地で不足する軽トラックを貸し出すことにし、モスクに通うムスリムらから集めた寄付を元手に6台購入した。

 モハッマド・リフラーンさん(38)=座間市=は「イスラム教の教えで人を助けることは一番大切なこと」とし、「熊本、九州が早く復旧することを祈っている」と話した。


新型コロナ忍び寄る“葬儀崩壊” 感染防止は扶助外、ムスリム土葬難

2020年05月08日 05:00

豪雨に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング