1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 不審火、昨年末から8件 同一犯? 半径1・5キロに集中/横浜

不審火、昨年末から8件 同一犯? 半径1・5キロに集中/横浜

社会 | 神奈川新聞 | 2014年1月20日(月) 23:32

横浜市都筑区で昨年12月下旬以降、オートバイや雑草などが燃える不審火が8件相次いでいる。今月20日未明にも廃材置き場などで火災が発生。いずれも半径1・5キロ内の住宅街に集中し、付近に火の気がないことから、都筑署が同一犯による連続放火事件の可能性も視野に、捜査している。

同署によると、同区内での一連の不審火が最初に発生したのは、昨年12月26日午前3時35分ごろ。早渕3丁目のアパート敷地内に駐輪中だったオートバイのシートが燃えた。4日後の30日午前4時10分には、同じアパートの駐輪場に止めてあったオートバイ1台などが全焼。

今年に入ってからも不審火は続き、1月4日にごみ集積場が燃えたほか、6日に金属加工会社の物置と空き地の雑草の計2件、13日には別の空き地の雑草が燃えた。

20日にも火災が2件相次いだ。同署によると、午前1時45分ごろ、同区大棚町の建設会社の廃材置き場から火が出ているのを、敷地内に住む男性従業員(71)が発見。付近を警戒中の同署員に通報した。約10分後には、直線で約200メートル離れたアパートの敷地内で、駐輪中の自転車のシートが燃えた。いずれもけが人はいなかった。

いずれも付近に火の気のない場所から出火しており、同署は周辺地域や区内の警戒パトロールを強化。不審者などの情報提供を求めている。同署電話045(949)0110。

【】

火事に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング