1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 未来の音楽家が演奏、ミューザ川崎で子どもの音楽の祭典開かれる/神奈川

未来の音楽家が演奏、ミューザ川崎で子どもの音楽の祭典開かれる/神奈川

社会 | 神奈川新聞 | 2014年1月19日(日) 21:44

中高生で編成された「ヤングかわさきジョイフルバンド」。息の合った演奏を披露した=川崎市幸区のミューザ川崎シンフォニーホール
中高生で編成された「ヤングかわさきジョイフルバンド」。息の合った演奏を披露した=川崎市幸区のミューザ川崎シンフォニーホール

川崎市内の子どもたちが日ごろの音楽活動の成果を発表する「第10回子どもの音楽の祭典」が19日、川崎市幸区のミューザ川崎シンフォニーホールで開かれた。ミューザ完成と同時に始まった催しで、市教育委員会の主催。「音楽のまち・かわさき」の次代の担い手たちが吹奏楽の演奏や合唱を披露した。

第1部は、市内在住・在学の中高生102人による「ヤングかわさきジョイフルバンド」が登場。オーディションを経て編成されたメンバーらは昨年末から本格的な練習に取り組み、この日は6曲を演奏した。冒頭の「かわさきのねいろ」では300人超の小学生も合唱で参加した。

クラリネットでソロ演奏も担当した横浜商大高2年寺崎翔也さん(17)=幸区在住=は「緊張したけど、満足できる演奏だった。みんなで心一つに演奏できて楽しめた」と話していた。

また、第2部では九つの個人・団体が発表会を実施。ピアノやバイオリンの独奏、合唱などをそれぞれ行った。

【】

ミューザ川崎に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング