1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 横須賀市立うわまち病院、新たに6人の看護師・患者感染確認

新型コロナ
横須賀市立うわまち病院、新たに6人の看護師・患者感染確認

社会 | 神奈川新聞 | 2020年8月9日(日) 21:10

横須賀市立うわまち病院=横須賀市上町

 新型コロナウイルス感染症を巡り、横須賀市は9日、新たに20~70代の男女6人の感染が確認されたと発表した。いずれも7日に女性看護助手の感染が確認された市立うわまち病院(同市上町)に勤務する看護師や入院患者。同病院は院内感染が起きたとみている。市内の感染者は計115人となった。

神奈川県内病院の経営が大幅に悪化 感染患者受け入れ、8割赤字

 同病院によると、女性看護助手の感染確認を受け、9日までに職員や患者計219人に対しPCR検査や抗原検査を実施。看護師4人、入院患者2人の感染が確認された。いずれも軽症や無症状という。

 検査対象者のうち17人は10日に結果が判明する予定だが、ほかの陽性者は確認されていないという。

 同病院は、感染者が確認された本館5階病棟について、7日から新規入院患者の受け入れを停止している。14日間ほど経過観察期間を置いた上で、安全が確認され次第、再開するとしている。

新型コロナに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング