1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 大型車の「死角」、ライダーが体験 死亡事故多発で県警

大型車の「死角」、ライダーが体験 死亡事故多発で県警

社会 | 神奈川新聞 | 2020年8月9日(日) 05:00

バスの運転席に座り、死角の存在を確認する参加者=横浜市泉区の神奈川中央交通戸塚営業所
バスの運転席に座り、死角の存在を確認する参加者=横浜市泉区の神奈川中央交通戸塚営業所

 県警は8日、横浜市泉区の神奈川中央交通戸塚営業所で、大型車の死角をライダーらに体験してもらう啓発活動を行った。多発するバイク乗車中の死亡事故を防止するため、同社の協力を得て企画した。

 参加したライダーらは、路線バスの運転席に座り、サイドミラーなどで視認できない死角の存在を実感した。指導に当たった交通総務課事故防止対策隊の大﨑稔警部補は「大型車の運転手とライダーでは、それぞれの見え方にギャップがある」と指摘。「大型車の死角に入っているとの意識を常に持ち、スピードを抑え、車間距離を十分に保って運転を」と呼び掛けた。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

こちらもおすすめ

死亡事故に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

ニュースに関するランキング

    アクセスランキング