1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 赤と白は直ちに陸へ 津波フラッグ普及進む

減災
赤と白は直ちに陸へ 津波フラッグ普及進む

社会 | 神奈川新聞 | 2020年8月8日(土) 11:25

大磯でデモンストレーション


「津波フラッグ」を大きく振り、海岸利用者にアピールするライフセーバー=4日、大磯町
「津波フラッグ」を大きく振り、海岸利用者にアピールするライフセーバー=4日、大磯町

 津波来襲の危険を知らせるため、6月に制度化された「津波フラッグ」の普及が県内で進み始めた。日本ライフセービング協会は、海岸利用者の水難事故防止などに向けて活動する一環で独自に旗を導入。4日には大磯町内の海岸で、気象庁が旗の有効性を確かめるデモンストレーションを実施した。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

津波に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング