1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 行進を窓から眺めていた少女たち 隊列がこちらの方に…

#あちこちのすずさん
行進を窓から眺めていた少女たち 隊列がこちらの方に…

社会 | 神奈川新聞 | 2020年8月9日(日) 11:00

(男性、71歳)

  新潟県に生まれた母は、尋常小学校高等科を昭和16年の春、14歳で卒業、郵便局に就職した。仕事は電話交換であったという。当時は郵便局が電話業務を担っていた。

 母はよく「朝日のア、いろはのイ」などと和文通話表をそらんじてくれた。電報も扱っていたのであろう。電話は24時間営業だったようで、夜勤もあった。

 夜中の休憩時間に同僚の少女らと2階の窓から外を眺めていると、軍隊の行進が見えた。駐屯地から駅まで向かう隊列だった。

 ところが、まっすぐ歩を進めるはずの隊列が、ぐにゃりと母たちの方に曲がってきたそうだ。

 遠方に向かうはずの部隊は、別れた家族と子どものことでも思い出し、つい、少女らのいるほうに寄ってしまったのであろうと思う。

 母は90歳を過ぎ、以前語ってくれた戦時中の体験もすっかり忘れてしまっている。


#あちこちのすずさん神奈川新聞と戦争(上)足柄平野を耕した「増産乙女」

2020年08月06日 15:00

#あちこちのすずさん知らない男の人が家に… 足には弾痕が

2020年08月04日 11:00

戦後75年#あちこちのすずさん あの日々の記憶

2020年08月21日 15:00

こちらもおすすめ

あちこちのすずさんに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

ニュースに関するランキング

    アクセスランキング