1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. リヤカーが運ぶ外遊びおもちゃ、女性グループら公園巡回/逗子

リヤカーが運ぶ外遊びおもちゃ、女性グループら公園巡回/逗子

社会 | 神奈川新聞 | 2014年1月7日(火) 22:03

たくさんのおもちゃやしちりんを載せ、市内の公園を巡るリヤカー=逗子市青少年会館
たくさんのおもちゃやしちりんを載せ、市内の公園を巡るリヤカー=逗子市青少年会館

落書きセットにおままごとセット、ハンモックを載せたリヤカーが月に2回、逗子市内の小さな公園を回っている。家の近所で子どもたちに外遊びの機会を、そして保護者同士の交流の場をと、2012年9月から30回を数えた。

その名も「プレイリヤカー」。子育て経験のある女性らのグループ「葉っぱのひろば」が逗子市の協働事業提案制度に応募したのが始まり。代表の村上朝鼓(あさこ)さんは「小さな子を連れての遠出は難しい。自宅近くで外遊びができたら、と思った」と振り返る。

ひろばのメンバーとともに公園へ赴く市児童青少年課主査の匂坂朋洋さんによると、冬場でも10組ほどの親子が訪れる。「リヤカーに子どもを乗せてガタンゴトンと公園を回ると、皆きゃっきゃと喜びます」。今の季節、しちりんでマシュマロをとろーりあぶっておやつにするのもお楽しみの一つだ。保護者からも「たくさん友達ができて、親同士のつながりもできる」と好評だという。

おおむね隔週の金曜日に開かれていて、次回は10日、場所は桜山4丁目の中里児童公園。以降、24日は一の沢公園、2月7日は松本谷戸公園と続く。問い合わせは、同課電話046(873)1111(内線543)。

【】

落書きに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング