1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 武蔵小杉駅周辺のタワマン住民代表ら 浸水対策で意見交換

武蔵小杉駅周辺のタワマン住民代表ら 浸水対策で意見交換

社会 | 神奈川新聞 | 2020年8月2日(日) 10:00

 昨秋の台風19号による浸水被害で建物全体が停電、機能不全に陥った武蔵小杉駅周辺(川崎市中原区)のタワーマンションの教訓を踏まえた会議が1日、オンラインで開かれた。地域内のタワーマンション13棟の住民代表らが、被災状況や事後対応などを共有。台風シーズンを前に、浸水対策の重要性を再確認した。

 周辺のタワーマンションをとりまとめているNPO法人「小杉駅周辺エリアマネジメント」が主催。国土交通省や川崎市の担当者も含め約40人が参加した。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

台風に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング