1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. “ユーモア”警備 鎌倉・鶴岡八幡宮で初詣に備え訓練/神奈川

“ユーモア”警備 鎌倉・鶴岡八幡宮で初詣に備え訓練/神奈川

社会 | 神奈川新聞 | 2013年12月20日(金) 23:00

初詣に向けてアナウンスの訓練を行った警察官たち=鶴岡八幡宮
初詣に向けてアナウンスの訓練を行った警察官たち=鶴岡八幡宮

毎年三が日に約250万人が訪れる鶴岡八幡宮(鎌倉市雪ノ下)で20日、初詣に備えた警備の広報訓練が行われた。県警警備課、第1機動隊、管区機動隊、鎌倉署などの約40人が参加。広報車両の上から、ユーモアを交えながら安全な初詣を呼び掛けた。

本殿へ続く大石段の下で、指揮官車のやぐらに上がった警察官たちが、マイクを手に「あけましておめでとうございます」「大石段は願い事を携えて本殿へ向かう大切な石段です。2段ずつ上がったり駆けだしたりしないでください」とアナウンスを練習。「慌てず、待っている間におさい銭の準備をしたり、お願い事をもう一度考えてみてはいかがですか」とユーモアも交えた。

三が日の初詣は、鶴岡八幡宮入り口に立つ三の鳥居から本殿までの間に約9千人が滞留する。このため警察官ら延べ約600人が、大みそかの31日午後9時から元日の夕方までと2、3日に、境内3カ所で警備広報を行う。

【】

鶴岡八幡宮に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング