1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 子ども支える県内団体を調査 担い手や財源に課題

子ども支える県内団体を調査 担い手や財源に課題

社会 | 神奈川新聞 | 2020年7月29日(水) 19:24

NPO「継続へ支援を」

 NPO法人「よこはま地域福祉研究センター」(横浜市中区)が、子どもの成長や若者の自立を支える団体の活動実態を調査し、報告書にまとめた。担い手や財源、場所の確保に悩む団体が多く、センターは「各団体は子どもが抱える課題の発見機能に優れている。行政や専門機関はその価値を見詰め、継続できるよう支援してほしい」と訴えている。

 調査は2018年夏から県内で支援している約300団体にアンケートを行い、134団体から回答を得た。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

NPOに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング