1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 疎開先の家を手伝う毎日 母が恋しかった

#あちこちのすずさん
疎開先の家を手伝う毎日 母が恋しかった

社会 | 神奈川新聞 | 2020年7月29日(水) 00:40

(女性、87歳)

 私が住んでいた横須賀では、昭和19年8月から学童疎開が始まりました。

 疎開児童は、国民学校3年生以上6年生まで。私は6年生で、母の里である鎌倉・大船へ縁故疎開をしました。

 田舎の酒屋で、一日中忙しい家でした。学校から帰ると毎日夕方まで、赤ちゃんの子守です。

 赤ちゃんをおんぶして、汽車ポッポを見せに、東海道線の駅まで30分くらい歩いて行きました。汽車の汽笛を聞くと、優しい母のところへ帰りたいと、涙があふれてきたものです。

 卒業式では敵国の曲である「蛍の光」ではなく、題は知りませんが「年月めぐって早六年」で始まる歌を歌いました。私の疎開は国民学校卒業で終わり。横須賀に戻り、女学校1年生で終戦を迎えました。

 年の離れた姉は、横浜市の国民学校の教師として、足柄上郡のお寺に集団疎開をしました。児童216人を教師12人で世話しました。姉は55歳で他界しましたが、生前「子どもたちに満足に食べさせるものがなく、本当にふびんな生活を送った」と言っていました。


#あちこちのすずさん戦争は終わった、強く生きよう 光子ちゃんとの約束

2020年08月02日 11:00

戦後75年#あちこちのすずさん あの日々の記憶

2020年08月21日 15:00

戦後75年「戦争は人間らしさ許さぬ」竹中直人さん父、空襲体験語る

2020年08月03日 06:00

あちこちのすずさんに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング