1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 外国人観光客をおもてなし 首長サミット発足へ/三浦半島

外国人観光客をおもてなし 首長サミット発足へ/三浦半島

社会 | 神奈川新聞 | 2013年9月30日(月) 22:33

外国人観光客向け旅行ガイド「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」に三浦半島が初掲載された好機を生かそうと、横須賀、鎌倉、逗子、三浦市、葉山町の首長による「三浦半島サミット(仮称)」が発足する。観光分野で各市町が連携し、地域活性化につなげる目的。11日に第1回サミットが行われる予定だ。

三浦半島の観光分野は、横須賀、逗子、三浦市、葉山町などによる協議会はすでにあるが、鎌倉市を加えた4市1町による連携は珍しい。11日にサミットの要領を確認し、正式スタートする見通しだ。開催頻度は決まっていないが、サミットでは主に観光について首長同士が意見交換し、その後、各市町の担当者が具体策を詰めるという。

今年2月に発行されたガイドの改訂第3版で三浦半島が掲載されたのをきっかけに、横須賀市長が連携を呼びかけた。事務局は同市政策推進課に置く。

ガイドでは、半島と、三浦・城ケ島が二つ星(寄り道する価値がある)、横須賀・観音崎と葉山マリーナの周辺地域が一つ星(興味深い)として初めて掲載され、それまで二つ星だった鎌倉は三つ星(わざわざ旅行する価値がある)に引き上げられた。

【】

ミシュランに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング