1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 「騒音、日常脅かす」 羽田空港新ルートに反対の街宣活動

「騒音、日常脅かす」 羽田空港新ルートに反対の街宣活動

社会 | 神奈川新聞 | 2020年7月22日(水) 10:52

川崎市川崎区の殿町地区を練り歩き、新ルートの運用に反対する市民団体のメンバー
川崎市川崎区の殿町地区を練り歩き、新ルートの運用に反対する市民団体のメンバー

 川崎臨海部や東京都心の上空を通過する羽田空港の新たな飛行ルートを巡り、運用に反対する市民団体が21日、川崎市川崎区の殿町地区周辺で街宣活動を行った。ルート直下を実際に歩き、騒音被害や石油コンビナート上空を飛ぶ危険性を改めて訴えた。

 地元住民らでつくる「羽田増便による低空飛行に反対する『川崎区民の会』」のメンバー12人が参加。短くて1、2分おきに飛ぶ旅客機のエンジン音にかき消されそうになりながらも、「騒音は市民の日常生活を脅かす大変なもの」「もしも落下物がコンビナートに落ちれば火の海になる」などと声を上げた。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

羽田空港に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング