1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 「情報寄せてほしい」 湯河原の殺人・放火事件から5年

「情報寄せてほしい」 湯河原の殺人・放火事件から5年

社会 | 神奈川新聞 | 2020年7月22日(水) 10:07

情報提供を呼び掛けるチラシを配布する寺澤署長(手前右)=JR湯河原駅前
情報提供を呼び掛けるチラシを配布する寺澤署長(手前右)=JR湯河原駅前

 湯河原町宮下の住宅の焼け跡から2015年4月、住人の女性=当時(66)=の遺体が見つかった殺人、放火事件で県警は21日、JR湯河原駅前などでチラシを配布し、情報提供を呼び掛けた。当初は事件から5年となる4月21日に実施予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期されていた。

 小田原署捜査本部はこれまで延べ約2万5千人の捜査員を投入。現場周辺の聞き込みや関係者ら延べ約1万3300人に話を聞いたほか、5年間で約270件の情報提供があったが、解決につながる有力な情報は得られていないという。

 15年4月21日午前6時ごろ、女性の自宅で火災が発生。焼け跡の寝室から、額に包丁が刺さった女性の遺体が見つかった。複数の切り傷や刺し傷のほか、鈍器で殴られた痕もあった。殺害後に放火されたとみられる。

 チラシには、事件当日の早朝、同駅の防犯カメラに写った身長約170センチの不審人物の画像や、やせ形で上下とも黒っぽい服やマスクを着用し、青のチェック柄の紙袋を持つなどの特徴を記載。捜査員らが駅利用客らに千枚を配布した。県警はホームページで不審人物の動画を公開している。

 小田原署の寺澤陽公署長は「被害者やご遺族の無念を晴らすため、ささいな情報でも寄せてほしい」と話した。情報提供は同署捜査本部電話0465(32)0110。

こちらもおすすめ

殺人事件に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

ニュースに関するランキング

    アクセスランキング