1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 惨禍 今年も伝え 横浜夢座 朗読劇5年目

平和つなぐ 戦後75年
惨禍 今年も伝え 横浜夢座 朗読劇5年目

社会 | 神奈川新聞 | 2020年7月22日(水) 05:00

児童に「生の言葉で」


「真昼の夕焼け」を披露する横浜夢座の五大さん(右から2人目)ら=7日、杉田劇場
「真昼の夕焼け」を披露する横浜夢座の五大さん(右から2人目)ら=7日、杉田劇場

 横浜大空襲の惨禍を子どもたちに伝える「横浜夢座」の朗読劇が今夏、5年目を迎えた。座長を務める横浜ゆかりの俳優五大路子さんらが読み継いできた「真昼の夕焼け」。コロナ禍で開催が危ぶまれながらも、感染対策を徹底して地元の小学生を迎え入れた。戦後75年の夏、約80人の児童が平和の尊さをかみしめた。

 「みんなの心の中に覚えておいて。横浜で戦争があったこと。そして戦争は良くない、と思ってくれたらうれしい」

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

こちらもおすすめ

横浜大空襲に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

ニュースに関するランキング

    アクセスランキング