1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 米軍関係者1人感染 判明前に民間宿泊施設へ移動 横須賀

新型コロナ
米軍関係者1人感染 判明前に民間宿泊施設へ移動 横須賀

社会 | 神奈川新聞 | 2020年7月20日(月) 22:45

横須賀市役所
横須賀市役所

 横須賀市は20日、民間機で羽田空港から入国した在日米海軍関係者1人の新型コロナウイルス感染について外務省から情報提供を受けたと発表した。同関係者はPCR検査を受けて感染判明の間、市内の民間宿泊施設に滞在していたという。市は「民間の宿泊施設を移動制限施設として利用することは看過できない」とし、上地克明市長が21日に国に要請を行う方針だ。

 市によると、米軍関係者は19日午前に入国。空港でPCR検査を受け、結果判明前に米軍専用車両で同市に移動して民間の宿泊施設に滞在していた。同日午後に検査結果が判明し、横須賀基地内で医療管理下に置かれたという。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

新型肺炎に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング