1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 海水浴場利用客 茅ケ崎は25%増加、“サザン効果”が要因/神奈川

海水浴場利用客 茅ケ崎は25%増加、“サザン効果”が要因/神奈川

社会 | 神奈川新聞 | 2013年9月18日(水) 23:57

茅ケ崎市の海水浴場「サザンビーチちがさき」の今夏の来場者数が、昨夏比約25%増の約19万9800人だったことが市のまとめで分かった。8月31日、9月1日に、茅ケ崎公園野球場(中海岸3丁目)で人気バンド、サザンオールスターズの凱旋(がいせん)ライブが13年ぶりにあった。市は“サザン効果”が大きな要因とみている。

市産業振興課によると、来場者はデータが比較できる2009年度以降で最多で、サザンライブや、期間限定海の家「サザン胸熱BEACH SHOP」がオープンしたことなどが主な要因と分析。担当者は「6月にサザン復活と茅ケ崎ライブ開催が発表されていたので、7月のシーズン当初から来場者が多かった」と振り返る。その上で、「茅ケ崎は海の家の“クラブ化”問題もない。プラス要素が重なった結果では」と推測している。

昨夏と同じく、金・土・日曜と祝日に、海の家の営業時間を午後5時から同7時まで延長する取り組みも行った。担当者は「苦情も特に来ていないので、様子をみながら定着させていきたい」と話している。

【】

海の家に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング