1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 海自横須賀地方総監部が2人を停職処分、酒気帯び運転や盗聴/神奈川

海自横須賀地方総監部が2人を停職処分、酒気帯び運転や盗聴/神奈川

社会 | 神奈川新聞 | 2013年9月9日(月) 22:06

海上自衛隊横須賀地方総監部は9日、酒気帯び運転や盗聴をしたとして男性自衛官2人をそれぞれ停職処分にした。

同総監部によると、潜水艦「おやしお」所属の男性2等海曹は8月17日午前、オートバイを運転して米海軍横須賀基地に入門する際に受けた呼気検査で、アルコールが検出された、としている。

現在、同潜水艦は米海軍基地内に停留。2等海曹は出勤前日の夜に酒を飲んでいた。総監部によると、2等海曹は停職18日の懲戒処分。今後2年間、同基地内への自動車、オートバイの乗り入れを禁じるという。

さらに、横須賀教育隊の男性防衛事務官は5月17日午後、横須賀市内の海自官舎の夫婦宅のドアポストに、会話を盗聴する目的でボイスレコーダーを差し込んだ、としている。

数時間後に事務官がレコーダーを取りに行った際、物音に気づいた夫に取り押さえられた。事務官は「好意を寄せている人(妻)の声を録音したかった」と話しているという。停職15日の懲戒処分にした。

【】

懲戒処分に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング