1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 川崎で20~50代の男女11人感染 累計402人に

新型コロナ
川崎で20~50代の男女11人感染 累計402人に

社会 | 神奈川新聞 | 2020年7月15日(水) 19:46

川崎市役所
川崎市役所

 新型コロナウイルス感染症を巡り、川崎市は15日、20~50代の男女11人の感染が確認された、と発表した。軽症7人、無症状4人で、5人の感染経路が不明という。市発表の感染者は累計402人となった。

 特集・記事とグラフ 新型コロナ、神奈川の感染状況

 うち2人は、市と市教育委員会が14日に公表した、市立川崎病院に勤務する非常勤で40代の女性看護師と、幸区の市立小学校に勤める40代の男性教諭。

 残りの9人のうち、幸区に住む会社員の30代女性は、集団感染が発生した東京・新宿の劇場で舞台を鑑賞していた。

 ともに20代女性で、麻生区に住むアルバイトと幸区在住の会社員は同居する家族や同居人が陽性だったことから、無症状だったが検査を受けた。幸区に住む無職の50代女性は友人が感染し、7日に発熱した。

 このほか、いずれも中原区に住む会社員で20代と30代の男性、いずれも高津区居住で20代の男子大学生と男性会社員、宮前区に住む介護士の30代女性が感染した。

 一方、市は15日、市立川崎病院の看護師が勤務していた新生児集中治療室(NICU)と新生児治療回復室(GCU)を退院した新生児3人と職員15人は遺伝子検査の結果、陰性だったと発表した。また14日に検査し、結果が出ていなかった職員12人も陰性だったという。

新型肺炎に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング